・「食べたいな…」と思う食材をお弁当向きに調理できるようになる

・お弁当箱の特徴に合わせて見栄え良く詰められる

・食事としてバランスの良いお弁当が作れる

・弁当箱や環境によってどんな料理を詰めれば良いか、どうやって保管すべきかがしっかりとわかる

・子どもたちがお弁当を自分で作れるようになる

・お弁当のバリエーションを増やす

それが目標です。

 

そして

お弁当作りの経験から

お弁当作ってくれた人に対して「ありがとう」という感謝の気持ちが生まれますように